陕西、対外交流の新たなパターンを一人芝居からフォクサンスへ

Date:2018-02-23 09:14

2018年春節のまえ、副省长魏增軍が引率した省の代表団は三回目のシルクロード博覧会のホスト国のマレーシアと英国を8日渡って訪問した。その期間に、省の宣伝と紹介から文化と観光分野での交流して帰国した。

陕西省代表团、マレーシアにて先遣として、その道を舗装すること

省代表団が出発前に、省外弁はその連絡メリットを生かし、いろいろ連絡し、外国駐在大使館やらの支持を得て、マレーシアと英国駐在大使はともにそのシルクロード博覧会の主催にサポートすると約束し、その両国の要人の招待ら担当すると要請した。

代表団団員、アジア航空本社にてブリッジを作り、舟を借りて海に出る

省代表団はマレーシア貿易と工業部、マレーシアと中国ビジネス理事会と英国国際貿易部への招待を出し、博覧会への出席を頼んだ。両国はできるだけの努力すると約束した。

陕西(马来西亚)旅游推介会マレーシアにて、観光紹介

代表団は英国中部エンジンプランを支持し、英国北方と関中建設戦略をマッチし、互いにその産業パーク設立することで、意向交換した。西安—ブルミンハム貨物エアラインの開設を建言し陝西省の企業に6月リウポール国際商業フェアへの参加を招待する意向がある。

リウポール市長(左)の歓迎レセプションにて

英国滞在中、省観光発展委員会は英国ウェンヂウー観光会社と協力覚書を調印し、リウポール世界博物館にその陝西省観光ショーコーナーを設立し、観光をかりて、海に出るとの目的達成する。そのほかに、スマートモーター、金融、宇宙産業、文化産業ら、初歩的な意向に達した。

西安-アイデンブーグ友好都市

友好都市をいかして、その省の食べ物を英国へ連れて行くのは代表団のもう一つ目的で、省の華僑の力にも頼って、その交流を深いところへ。西安市はリウポールとの友好都市建立への覚書を調印。

省の海外の華僑連絡センターに権限を授ける

英国貿易部、中部エンジンプランと

英国北方地域の代表と

英国-中国(陕西)経済貿易懇談会

魏增軍氏、兵馬俑ショーにて