胡和平氏、シンガポール中国駐在大使羅家良と会見

Date:2018-02-19 09:18

党の書記胡和平氏(右)、シンガポール中国駐在大使羅家良

2月13日、党の書記胡和平氏は羅家良の来訪を歓迎した後、以下の通り述べた:、省は中華民族と中華民族の発祥地で、その歴史が重い。今はその技術パワーがあり、エネルギーの埋蔵は豊富で、工業メカニズムが完備し、シルクロードの出発点で、13王朝がここでその都を設立していたことで、西部開発とワンベルトワンロード建設で省の発展も速くものになり、これからのプランとして、その省のポジションや産業、エネルギーのメリットを生かし、より開放的な省を築くように頑張るとのつもりで、大使に省を知ってもらい、省への関心をお願い、これからの双方実務的な交流を図りたいと強調した。

羅大使は省の社会発展振りに感動され、シンガポールが省との協力を望むし、その金融、物流、スタッフ研修、法律ら分野での更なる交流を実施するつもりで、双方の関係を深く推し進めたいと答辞した。