フランス大統領マクローン、陝西を訪ねる

Date:2018-05-14 09:20

1月8日午前08:30、フランス大統領マクローンを乗せている専用機は西安咸陽空港へ着陸し、滑走路でその“天地社火”と安塞腰鼓を10分以内短いですが大統領一

行に見せ、省民の情熱と友好を示したと同時に、省の博大文化の厚さも。

西安秦の始皇帝陵博物院にて、党の省委委員会书记胡和平氏は大統領と会見して、こうして述べた:省は中華民族と中華民族の発祥地で、その歴史が重い。今はその技術パワーがあり、エネルギーの埋蔵は豊富で、工業メカニズムが完備し、シルクロードの出発点で、13王朝がここでその都を設立していたことで、西部開発とワンベルトワンロード建設で省の発展も速くものになり、これからのプランとして、その省のポジションや産業、エネルギーのメリットを生かし、より開放的な省を築くように頑張るとのつもりで、大頭領にこの訪問をきっかけにし、省を知ってもらい、省への関心をお願い、これからの双方実務的な交流を図りたいと強調した。

大統領は“陝西省の歴史の長いことに感動され、フランスは中国側および省と貿易、技術、医療、農業分野での実務的な協力をするつもりで、双方の今後更なる関係発展を希望する”といいました。

胡書記は大統領と兵馬ようを一緒に見学した後、《秦始皇帝陵大図録》を寄贈した。

大統領の同博物館への言い置きを残した:

こんなすばらしい遺跡で私を招待したことに、感謝します。世界第八奇跡と称するのは当たり前なことで、ここは秦の始皇帝がいかに中国統一を全うしたことを語っている。

この不思議な戦士の無口な力はわれわれにその啓発をく

れ。——— マクローン、 2018年1月8日

サイン

大雁塔にて

到着した午後、大統領は西安唐大明宫遺跡公園で演説をし、フランスと中国との関係を展望した。両国は技術、教育、人的、経済、クリンエネルギーら分野での協力を図り、中国の若い人にフランス語を学んでもらって、文化の交流に役割を果たすと。

外国元首は省滞在中、テーマ演説をするのは稀で、始めてのケースであり、省外事が国の総体外交にマッチし、外事仕事の新たなバターンを作り、中国特点がある大国外交へもう一つあらたなイノンベションのテストである。

外国元首はテーマ演説にはまず中国文化へ礼をする。また環境、原子エネルギーの拡散を防止、テロリストらゴールバールな課題で、フランスと中国と文化、教育、科学、経済ら分野での交流する意向を示し、ワンベルトとワンロード提案を賛成するど表明し、フランスとともに、中国からの地球新たな挑戦に参加することを希望し、その観衆1000人の中にフランス語を勉強する学生や、ビジネスメン、学者ら含められている。

清真寺にて

大統領は帰国した。今回の任務完成について、陕西省外事弁主任姚紅娟氏は“大統領が省を彼の始めての訪問地と選ぶのはフランスがそのワンベルトワンロードの中国の定義にマッチし、あらたな両国関係を築く意思であり、大統領の日程や手配をスムーズにするのは外弁の仕事へ意義重大で、そのミスがないように頑張るしかありません。”と述べていた。

大明宮にてそのテーマ演説中