戊戌年清明公祭轩辕黄帝儀式挙行

Date:2018-04-09 09:24

4月5日午前、戊戌年清明公祭轩辕黄帝儀式は黄陵県橋山で挙行され、陳竺、劉奇葆、洪秀柱、郁慕明、胡和平、劉国中、

劉结一、許又声、韓勇、賀荣ら出席した。

海内外中華子孫の代表は祭祀広場で集まり,中華民族の先祖である轩辕黄帝を祭ることになる。

全人大常務委員会副委員長陳竺,全国政協副主席劉奇葆,中国国民党前主席洪秀柱,新党主席郁慕明,共産党陕西省委員会書記、省人大常務委員会主任胡和平,共産党工作办公室、国務院台湾事務弁公室主任劉結一,中共中央统戦部副部长、国務院華僑事務弁公室主任許又声,陕西省政協主席韓勇,中共陕西省委副書記賀荣が出席。陕西省省长劉国中はそのお祭りの文章を読んだ。

橋山、古柏、9時ごろ、奏楽の中、参拝者は轩辕橋を渡り、その廟にはいり、56の民族を代表する56の旗が出場し、現場の雰囲気は厳か。

9時50分副省長の梁桂が司会をつとめ、その儀式の開始を告げた。それと同時に、全員が立ち、34省、自治区、直轄市、特別行政区、台湾地区を象徴する34回太鼓を敲く、人々はこころから敬礼する。

人大常務委員会副委員長陳竺,全国政協副主席劉奇葆,中国国民党前主席洪秀柱は前後その生花かごを贈った後、共産党陝西省委員会、政府、国務院台湾事務弁公室主任劉結一,中共中央统戦部副部长、国務院華僑事務弁公室主任許又声ら、および関係部門はそのかごを送りました。

陕西省省长劉国中はそのお祭りの文章を読んだ。その後、全員、三回お礼をした。

最後、全員、黄帝陵を参拝した。