安康

Date:2016-04-07 15:08

安康は古く金州と称し、重要な南北移行地帯にあり、北に秦嶺、南に巴山に寄っている。歴史は悠久で、素晴らしい文化を育てていた。歴史的旧跡は全市に散在し、石窟、寺院、石刻と近代文物スポットが650箇所ある。道教、仏教、イスラム教と天主教の寺、廟、観、堂などは市の中心部にあり、先民の輝きを表している。

安康は中華民族の重要な発祥地で、歴史が新石器時代に遡る。戦国時代に“秦の頭楚の尾、一つの大都会”になった。

安康は一つの中心、三つの観光コース、六つの区、六つのパーク、十大な景勝地を開発するに伴い、必ず秦と巴(四川省)の風光を兼ね、漢水の風俗がある観光勝地になるに違いがない。