楡林

Date:2016-04-07 15:08

楡林は陝西省のもっとも北部に、東に黄河を隔てて山西省、西に寧夏自治区、甘粛省、北に内モンゴル、南に延安市に隣している。総面積は43578平方キロで、総人口356万人である。一つの区、11の県を管轄している。地勢は大体長城を境として北は沙漠と草原ミックスした地域で、総面積の42%を占め、南は黄土丘陵と溝で、総面積の58%を占めている。

全市には8種類48種の鉱産物が見つけられ、潜在の価値46万億元に当たる。特に石炭、天然ガス、石油、塩などの資源はこのあたりに集中し、割合がよく、国内外にも珍しく、開発潜在力が巨大である。石炭の予測量は2800億トンで、その中の神府炭鉱が世界七大炭鉱の一つである。天然ガスの予測量は5万億立方メートで、今までわが国の陸上のガス田の中核的部分である。石油の予測量は6億トンで、陝寧甘三省の石油・ガス田の中核的部分である。

楡林は国務院の発布した第二類国家歴史文化名城で、重点文化財は万里の長城の第一台鎮北台、大夏国の万城遺跡、中国西北地区最大な道教建築群白雲山道観、陝西省最大な岩石刻紅石峡、李自成行宮、陝西省最大な内陸湖紅碱淖などがある。