銅川

Date:2016-04-07 15:09

銅川は陝西省中部、関中平野から陝西省北部の黄土高原に移行する地帯に位置し、関中経済一帯の重要な一部である。

銅川は1958年に市を設置し、50年特に改革開放以来の高速発展にわたり、すでに工業部類が揃い、農業基盤が優越で、都市の基礎設備と機能が完璧で、経済実力が益々増加し、各種類の社会事業が全面的に発展していく総合的な工業都市になった。

銅川は西安市の北にあり、交通が便利で、人文初祖の黄帝陵と革命の聖地延安への経由するところである。西安まで68キロ、咸陽国際空港まで72キロ、西安―黄陵高速道路が境内を経由し、咸銅線と梅七線が陇海本線に繋いでいる。

銅川は歴史が古い、名所旧跡が多く、文物スポットが675箇所ある。その中、全国重点文化財が4箇所、省レベル重要文化財が18箇所である。特に耀州陶窯遺跡、唐の最初三代帝王の別荘と唐の高僧玄奘三蔵法師のお経の翻訳と円寂の所である玉華宮、隋と唐の時代の医薬学者孫思邈の隠居と民衆の病を治療する所である薬王山、仏教の聖地大香山寺院などの人文スポットは世界でも有名である。