梁桂が戊戌(2018)年清明節軒轅黄帝公祭イベントの準備作業を検査

Date:2018-04-04 09:50

4月1日、陝西省共産党委員会常務委員、常務副省長梁桂が黄陵県に参り、戊戌(2018)年清明節軒轅黄帝公祭イベントの準備作業を検査した。

軒轅黄帝式公祭ロードショーを見物し、諸準備作業の報告を聞いた後、梁桂副省長が次のように指摘した。戊戌(2018)年清明節軒轅黄帝公祭イベントを開催することが、習近平新時代の中国の特色のある社会主義の思想を深く勉強し、十九次党大会の精神を貫徹し、中華文明を発揚し、文化自信を具現し、陝西省の追いかける成果などを展示する大きなイベントである。各部局、各部署が着実に責任感、緊迫感を強め、各種の準備作業を再点検し、公祭式とその関係活動の成功を確保すべきだ。絶えず黄帝陵と軒轅黄帝公祭イベントの影響力、アピール力、魅力を高めていく。肝心なポイントと重要な節目を把握し、全体の局面から着眼し、細い点から着手し、厳格に要求し、公祭イベントを更にハイレベル、、新たな階段に引き上がるように努力すべきだ。全力で活动の安全性を确保すると同時に、陝西省の濃い郷情とおもてなしを十分に现し、陝西省の管理運営レベルと高品質発展の新しい成果を示すべきである。各部面が協力しあい、メディアの宣伝活動を強化し、新しい时代の特徴を持つイベントの注目ポイント、すばらしいポイントを作り出すべきである。